クレンジング メリット デメリット

こんばんわ~バニバニです。
大分、日が開いてしまいましたがお肌の調子はいかがでしょうか??

やっぱり、夏に比べると毛穴の開きなども落ち着いてきますが
今度はお肌の乾燥が気になってきますね~。

ってことで、そんなお肌の乾燥にはあまり関係ないですが(汗)、

クレンジングのメリットとデメリットについてまとめてみたいと思います。

まず、クレンジングの化粧品にはいくつか種類がありますよね。
オイル系、ジェル系、ミルク系、クリーム系など。

オイルはやはり、洗浄力は強力です。その代わり、肌への負担はその分大きい。
そして、ジェル、ミルク、クリームの順に、それが弱まっていくイメージ。

オイル系のクレンジングは、
洗浄力が強く、メイクが短時間で落とせるなどのメリットがありますが
オイルが肌に残り、それが毛穴に詰まりやすく、それが原因で黒ずみやニキビの原因になったりしますね。

ジェル系は水分量が多く、軽い感じで洗いあがりがさっぱりとしているものが多いです。
肌への負担も少ないのですが、そのせいで、メイクの汚れが肌に残りやすいというデメリット。

ミルク系は、洗浄力が弱いので、軽いメイクを落とすのに向いてます。

クリーム系は、ちょっとぬるっとした感じが残りやすく、気持ち悪いという方もいますね。
こちらも、軽いメイク向きです。


そんな感じです。

参考になれば幸いです^^

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。